メンフィスの音楽シーン

メンフィスは「ブルース音楽の故郷」「ロックンロールの生誕地」など、音楽所縁の町として世界中にファンがいます。その音楽の歴史を紐解くと1800年代にまで遡ります。現在ではビールストリートで音楽ライブやコンサートを聴かない夜はありません。世界的にも有名となった音楽の通りビールストリートですが、メンフィスにはそこ以外にも多くの音楽ライブスポットがあるのです。

メンフィスの音楽ライブスポット

フェデックス・フォーラム
(191 Beale) - メンフィス中心地にあるアリーナでアクセスも良好です。18,000人を収容でき、これまでにも世界の有名スターのライブ開催地ともなっています。最近では、ポール・マッカートニー、ボンジョビ、ジャネット・ジャクソン、ブルーノマーズのライブで会場が熱気に包まれたのも記憶に新しいですね。

オーフェウム・シアター
(203 S. Main) - ブロードウェイのミュージカルは、ここオーフェウムで楽しめます。金箔に包まれた装飾は訪れる人々を魅了します。またミュージカルのほかにも、交響楽団やアーティスト、人気バンドもここでコンサートを開催しています。

ハロラン・センター
(225 S. Main) - 伝統的なオーフェウム・シアターの隣にある、近代建築のハロラン・センターではクラシックコンサートなどが開催されています。

ザ・キャノンセンター・フォー・ザ・パーフォーミングアーツ
(255 S. Main) – 世界的にも質の高いクラシックコンサートや、ボニー・レイット、マック・コーン、シャーリー・シーザーなどトップ音楽アーティストのコンサートが開催されています。また、メンフィス交響楽団のホームとしても知られています

ジャーマンタウン・パーフォーミングアーツ・センター(GPAC)
(1801 Exeter) – メンフィス郊外にあるライブ場。IRIS交響楽団のホームであり、ボーイズ・ツー・メンやヨーヨーガーなどのライブなどが開催されています。

ランダーズ・センター
(4560 Venture Dr., Southaven MS) - メンフィスの南部、サウスヘブンにあるアリーナ。人気アーティストのコンサートが開催されています。

バンクプラス円形劇場
(6275 Snowden Lane, Southaven MS) - スノーデン・グローブにあるこの劇場では地元のイベントやフェスティバルが開催される他、マッチボックス20、レーナード・スキナード、ザ・ホワイト・ストライプスなどのバンドライブが開催されています。

ミングルウッド・ホール
(1555 Madison) – メンフィスの地元の人々に親しまれているミッドサイズのコンサート会場で、ファミリー向けのコンサートから、大人向けまで様々なパーフォーマンスが開催されています。

レビット・シェル
(1928 Poplar) – 市民の憩いの場でもあるオーバートン公園。その公園内にあるコンサート会場では年間に50以上のショーやコンサートが開催され、その全てが無料です(※年間数回の有料コンサートも開催されています)。エルビス・プレスリーが無名の時代に、このレビット・シェルでライブで歌っていたことでも知られています。

ハイ・トーン
(412-414 North Cleveland) – 地元で人気の居酒屋風ライブカフェ。地元の音楽アーティストなどのライブが毎晩楽しめます。会場は全て立ち見席のビッグルームと、席が用意されているスモールルームの二つがあります。

ラフィエット・ミュージックホール
(2119 Madison) – 1970年代に人気のあった音楽ホールが2014年にミッドタウン、オーバートンスクエアに再びオープンしました。年中無休で行われるライブが市民に人気です。また、音楽だけではなく日曜のブランチやフルメニュー料理を目当てに多くの人々が集まります。音楽ライブではロックンロール、ジャズ、ブルース、ソウルなどメンフィス音楽をお楽しみいただけます。

 

Copyright and credits:
James Wessells / Memphis Convention & Visitors Bureau All Rights Reserved.

レビット・シェルでのライブコンサートの様子
Copyright and credits: Phillip Van Zandt/Memphis Convention & Visitors Bureau All Rights Reserved.

ラフィエット・ミュージックホール
Copyright and creditsLeah Gafni / Memphis Convention & Visitors Bureau All Rights Reserved.

昨年グランドオープンした「ゲストハウス・アット・ザ・グレースランド」や「ザ・ビッグリバー・クロッシング」など、メンフィスは観光スポットが急速に増えました。益々多くの観光客から注目を浴びおり、目が離せない都市の一つとなっています。メンフィス観光局のウエブサイト[ What's New ]ではメンフィスの最新情報を配信しています。是非ご確認ください。

 

●国定史跡の人気のメリーゴーラウンドが子供博物館の隣にオープン
1923年〜1976年にメンフィス・フェアグラウンドで市民に親しまれ、その後、国定史跡に指定されたメリーゴーラウンド。そのメリーゴーラウンドがメンフィス子供博物館の隣に移築されグランドオープンします。

●バイクシェア、始まります!
最近、アメリカの各都市で見かけるのがバイクシェア(自転車自動貸出システム)。メンフィスでも2018年春からシステムを導入。ステーションにある自転車に乗って、サイクリングツアーやミシシッピ沿いのサイクリングコースを気ままに走ってみてはいかがでしょうか?

●ビンテージな路面電車再開!
メンフィス市民の足となっていた歴史的な路面電車。しばらく休止していましたが、2018年に向けて再開の準備が進められてきています。再開2018年春を予定しています。

  Copyright and credits
Trolley at the Orpheum by Phillip Parker/
Memphis Convention & Visitors Bureau All Rights Reserved.

その他メンフィス観光最新情報はwww.memphistravel.com/newをご覧ください。

メンフィス市公式インスタグラム#MemphisTravelでも情報発信中!
フォローして、あなたのメンフィスの写真を@MemphisTravelでシェアしてください!

ミシシッピ・リバー・カントリーUSA 日本事務所 Mississippi River Country USA, Japan
TEL: 03-4360-5647 FAX:03-3323-6698

Copyright © 2001-2005 Mississippi River Country, USA. All Rights Reserved.