メンフィスと言えば、ブルースの故郷、そしてロックンロールの誕生地。ロックンロールと言えばエルビス・プレスリーですが、日本にもファンが多くおり、エルビス・ファンクラブある程です。メンフィス観光局では最新の観光情報やまだまだ知られざる観光スポットをトレードニュースでご紹介します。ツアープランに是非、お役立てください。
観光新着情報[メンフィス]
 

◆メンフィス観光局お薦め!3泊4日でめぐるダウンタウンツアー

カルチャー・ミュージック・ヒストリー・グルメ・・・4拍子揃ったメンフィスで楽しいバケーションを演出してみてはいかがでしょうか?
 

Day 1

メタルミュージアム
世界に二つしかないメタルを素材としたアート作品の美術館。
メンフィス動物園
オーバートン公園内にある、全米屈指の動物園。2頭のパンダを含む世界中の500種の動物に会えます!
サウスメインアートディストリクト
再開発により生まれ変わったトレンディースポット。トロリーでアクセスできるので便利です。

Day 2 エルビス・プレスリーをテーマに巡る

アーケード・レストラン
アーケード・レストランで朝食。エルビスがかつて「たむろ」していたと言うエルビス所縁のレストランで、
名物メニュー「スィートポテトパンケーキ」「オムレツ」などをどうぞ!
グレースランド
エルビス・プレスリーの大御殿を半日かけてツアーしましょう。
サンスタジオ
エルビス、ジョニーキャッシュ、ジェリー・リー・ルイスなど往年のロックンロール伝説が誕生したレコーディングスタジオ。
若かりし頃のエルビスの肉声を聞くことができます。
コレッタ'ズ・レストラン
1923年創業のイタリアンレストラン。ここも、エルビス所縁のレストランのひとつです。
かつて、エルビスがよく注文したと言うエルビス・ピッザをご試食下さい。

Day 3 歴史をテーマに巡る

コットンミュージアム
南部で150年に渡り主産業だった綿花産業の歴史と文化の博物館。
スレイブヘブンン・アンダーグラウンド鉄道博物館
1800年代、メンフィスは奴隷の引き渡し所の中心知的存在でした。それらの奴隷が自由を求めて脱出するために
逃げ隠れした場所ジェイコブ・バークル(Jacob Burkle)氏のバークル邸が博物館となり、当時の様子を物語ります。
ウィザーズ・コレクション・ミュージアム&ギャラリー
メンフィス生まれのフリーランス写真家、アフリカ系アメリカ人、アーネスト・ウィザーズ(Ernest Withers)が捉えた当時の
黒人解放運動の舞台裏など、興味深い史実を捉えた作品の数々。夕食はB.B. キング・ブルースクラブ
イッタビーナ(Itta Bena)にて。ライブ音楽演奏を楽しみながらのお食事にはB.B.キング・グルースクラブへ。
静かなピアノ生伴奏でゆったりリラックスしたお食事にはイッタビーナをお薦めします。

Day 4 メンフィスの東部の観光名所を巡る

メンフィスボタニックガーデン
96エーカーの広大な自然公園。夏期のライブコンサート、4~10月にはファーマーズマーケットなどが開催されます。
ディクソン・ギャラリー&ガーデンズ
美しい植物園の中のアートギャラリー。メンフィス地元の近代アートから抽象美術など目を見張る作品の数々の展示は必見です。
お食事はカジュアル・イタリアンレストランのホッグ&ホミニーや中華料理のバックグラウンドを持つセレブシェフの創作南部料理レストラン
「Acre」がお薦めです。
これらの詳しい情報(英語)やロケーションマップはwww.memphistravel.com/trip-ideas/four-fun-filled-days-memphisを参照下さい。

◆エルビス・ウィーク2014のチケット 発売開始!

5月1日にいよいよ今年のエルビス・ウィーク2014のチケットが発売になりました。今年は初公開のエルビス・ア・カペラ「トリビュート・トゥ・キング」エルビスのワールドプレミア「ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ」など、エルビス・コンテストなどと合わせてメインステージで開催されます。その他、ファンクラブのイベント、チャリティーイベントなど盛りだくさんです!

エルビス・ウィーク2014の日程: 8月9日(土)〜17日(月)
チケット入手方法やイベントカレンダーなどの詳しい情報は
http://www.graceland.com/elvisweek/

◆国立公民権博物館が4月5日にリニューアルオープン

国立公民権博物館が2800万ドル(約28億円)をかけて大改装工事中でしたが、2014年4月5日にリニューアルオープンをしました。館内に入ると、裁判所や当時の学校の校舎、ランチカウンター、バスなどのレプリカが並びます。自由にその中に入り、当時のアフリカ系アメリカンの人々の差別された様子などがビデオや写真展示などで分かりやすく解説されます。これまで以上に実際に体感できる最新技術を駆使した博物館は必見スポットです!

◆グレースランドにて特設展 「エルビスの60年」

2014年、グレースランドではロックンロール60年記念として、「エルビスの60年」と題し、ロックロール王エルビス・プレスリーの歩みを展示します。エルビスがトラック運転手からはじまり、伝説のヒーローに上りつめた軌跡をご覧下さい。その他、エルビスが両親に宛てたテレグラムなどエルビスの素顔にも迫ります。
詳しくはhttp://www.memphistravel.com/

<プロモーション情報>
◆メンフィス/ミシシッピ州セールスガイド Travel for the Southのリニューアル版発行

メンフィス&ミシシッピ州のセールスガイドが発行されました。「アメリカの魂のルーツがここにある」というテーマでメンフィスやミシシッピ州のセールスポイント満載です。

また、セールスガイドのE-Bookもトラベルジャーナル・ゲートウェイから閲覧できます。E-Bookご希望の方はhttp://tjonline2.tjnet.co.jp/ebook/140331mem/index.htmlにて、ご覧ください。 資料のご請求はE-mailにて、またはFAX(03-3323-6698)にてお願いします。 (送料のみご負担となります。資料は日本通運の宅急便で発送するため費用が異なりますので予めご了承ください。)
  ベスト・テイスティ・タウン

ミシシッピ・リバー・カントリーUSA 日本事務所 Mississippi River Country USA, Japan
TEL: 03-4360-5647 FAX:03-3323-6698

Copyright © 2001-2005 Mississippi River Country, USA. All Rights Reserved.